Sample

ABOUT – 錦とは

futakiya-photo

- ゲストハウス錦とは-
当ゲストハウスはもともと明治34年に開業した二木屋という旅館の建物でありましたが、現在は旅館として使用されておらず、空き家の状態が長く続いておりました。
そしてこの歴史ある建物にオーナーの立川が運命的に出会い、この地でゲストハウスをオープンする事を決意し、友人達の力を借りながら自らの手で補修、改装を加えたのが「ゲストハウス錦」です。

-名前の由来-
「ゲストハウス錦」の名前の由来は秩父の古くからの地酒「秩父錦」から来ています。
オーナーの立川がゲストハウスのオープンに向け準備中の頃、その日の改装作業を終えた夜に友人とゲストハウスの未来を語りながら「秩父錦」を呑んでいました。
そんな時にふと思った事がこのゲストハウスも「秩父錦」のように地元の人々から愛され、友人との語らう時間を共有し、新たな人と人とを繋ぐ存在になっていきたい。
そう思い「ゲストハウス錦」という名前が生まれました。

-人と人とが紡ぎ合い創られる場所-
また「錦-Nishiki-」という言葉は様々な色糸を用いて織り出された絹織物の総称でもあります。
このゲストハウスに例えて言うなれば様々な国・年齢・性別の人々の人生が交流し、作り出されていくのがこの「ゲストハウス錦」だと思っております。
ゲストの皆様と共に「ゲストハウス錦」の歴史を作っていく事が出来ればとても嬉しいです。

hajime

Copyright (C) 古民家ゲストハウス 錦 All Rights Reserved.